読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兼業シュフ

働く子育て主夫(婦)が忙殺されませんように。

「電通の過労自殺」に見るうつ病の発症・再発を予防する『ヒント』

f:id:yupon1016:20161017104732j:plain最近よくニュースに取り上げられている「電通過労死事件」。


「月100時間の残業」とか「土日も出勤」とか、あまりにもブラックすぎてボクには現実味がわかず、「とんでもねぇ話だな…」となにげなく聞き流してたこの事件ですが…


この記事を見てはっと考えることがありました。


bylines.news.yahoo.co.jp


働きすぎて命が途絶えてしまう「過労死」。記事中では、要因として①精神疾患による自死、②心臓・血管の病気による死亡が挙げられています。


なかでも、「①精神疾患による自死は、家事仕事に追われる現在の兼業シュフのみなさんにとっても他人事ではないハズ!


しかも徐々に冬に向かうこの季節は、うつ病が発症・再発しやすい時期でもあります。


忙しくてストレスフルでもうつ病にならないために!


今回はうつ病の発症・再発を予防する「コツ」について書いていきたいと思います。

なぜ忙しくてストレスが溜まるとうつ病になるの?

うつ病発症のメカニズムは明確には解明されていませんが、過度のストレスは身体や精神を興奮させることで身体を休ませる神経の働きが低下し、常にイライラ感を感じるとともに夜も眠れなくなってしまいます。


脳は過度に興奮した状態となり常にフル回転。この状態が続くと脳の中の神経伝達物質(モノアミン系)のバランスが崩れ、うつ病を発症するというのが最近の仮説です。


ボクは、4年前にうつ病を発症しました。現在は落ち着いてますが、忙しくなったり過度にストレスを溜めたりすると調子を崩してしまうことがあります。


電通過労死事件」の当事者ほどひどい労働条件ではありませんでしたが、ボクの場合は当時の上司(アラフォー未婚のタチ悪い女性の方々)からの過度のパワハラや、自分のキャパを超える仕事量を抱えてしまったことが過剰なストレスとなり、それらが「うつ病発症」の引き金となってしまいました。


うつ病を治療していた当時は、「こんなつらい状況が続くなら…いっそ死んでしまったほうが楽なのかな…」と常々考えていたことを思い出します。

「眠りたい以外の感情を失った」

(中略)

「土日も出勤しなければならないことがまた決定し、本気で死んでしまいたい」


出典:電通「鬼十則」背景か 東大卒エリート美女、自殺までに綴った苦悶の叫び (産経新聞) - Yahoo!ニュース


上記のような希死念慮」、やる気が起きない、漠然とした不安を感じる、眠れなくなる、食欲がなくなる、身体が重くて肩こりや頭痛がする…などがうつのおもな症状です。


うつ病についてもっと知りたい方はこちらをどうぞ。
www.cocoro-h.jp


ストレスを「感じやすい人」と「感じない人」の違いって何なの?

こないだ、職場でストレスチェックというのがありました。ボクの結果は「ストレスがとても高い」という結果でした…トホホ。


その横で、上司は「あたしストレス全然ありませんって結果だった~」とニコニコ。


上司とボク、仕事量はそんなに変わらないけど管理者としての責務がある上司のほうがストレス溜まりやすいんじゃないのかなぁ。


そもそもなぜ、ボクはストレスを感じやすいのだろう…。


【電通過労死事件】なぜ人は過労で死亡するのか 医師の視点(中山祐次郎) - 個人 - Yahoo!ニュースでも書かれていますが、

ここで大切なことは、「労働時間の長さ」が長ければ長いほど、精神疾患から自死に至る危険性は高いというわけではない点だ。両手に持てる最大の荷物の重さが人によって違うように、そしてどれだけ長い距離を歩けるかが人によって違うように、精神のしなやかさも人によって違うのである。精神のしなやかさとはつまり、精神的な圧迫に対してどれだけ病的な状態にならずに持ちこたえられるか、とも言える。


そう。人によって物事をストレスと「感じるか」、「感じないか」には違いがあるのです。


感じ方がなぜ違うのか…。その要因として考えられるのが人それぞれが持つ「考え方・感じ方のクセ」です。


この「考え方・感じ方のクセ」に自分自身で気付くことがうつ病の発症・再発を防ぐコツになるんじゃないかと思っています。


ボクの場合、うつ病になる前はいつもこんな風に考えていました。


- 「仕事に関わらずなんでも全力で!人より劣る自分が人並みに物事をこなすには手を抜いたらダメなんだ!」

  • 「頼まれたことはいやでも引き受けないといけない!じゃないときっと嫌われてしまう!」
  • 「失敗したのは自分のせいだ…きっと自分の努力が足りないから…周りもダメな奴だって思ってるだろうな…」
  • 「また同じ失敗をしてしまうんやなかろうか…あぁダメだ、きっとまた失敗する」


まぁこんな感じです。思い出すだけで胃が痛くなってきました(;´Д`)


このように、ストレスを感じやすい人(うつ病になってしまう人)には物事を白か黒かで考える、悪い面ばかり見てしまう、自分を過小評価する、破滅的な未来を予測するなど独特な考え方のクセ(認知のゆがみ)があるといわれています。


自分自身や物事を悪い方向にとらえてしまうクセがストレスを感じやすくさせてしまう、さらにはうつ病を発症・再発させてしまう要因じゃないのかなぁ…というか要因だといわれています。


「考え方・感じ方のクセ」に気付くには

「悪く考えるクセがストレスやうつ病になる原因ってわかってるならそう感じないようにしたらいいじゃない!」という声が聞こえてきそうですが、そんなに簡単に考え方・感じ方のクセが変わるならこの世からストレスやうつ病は無くなってます。


もちろん最終的には変えていかないといけないのですが、まずは変える必要のある自分の考え方・感じ方のクセに「気付く」ことが必要です。


方法は特別なものではありません。自身に起こる様々な場面で自動的に頭に浮かんでくる瞬間的な考え方・イメージに「気付く」ことです。


このような自動的に浮かんでくる考えを、「自動思考」といいます。


例えば好意を寄せる異性と目が合って、相手が気恥ずかしそうにフイッと目を逸らしたとします。


ボクなら「やべぇ、あの子俺に気があるかも」とその瞬間考えます。


これが自動施行です。


自動思考はネガティブなものばかりじゃありません。1日生活してれば良いこと悪いことたくさんの自動施行が頭をよぎっていくと思います。


このなかで、特に自分にとってネガティブな感情を引き起こす自動思考をとらえることが重要です。


問題となる自動思考(認知のゆがみ)に気付くことが、自動思考が浮かんだあとにネガティブな価値付けを引き起こす「思い込み」や無意識な自分の中にある「自分はこうあるべき」という信念を良い方向に変化させていく第一歩となるのです。


このようにネガティブに考えてしまう認知のゆがみに気付き、その誤った信念や価値観を修正していく方法は認知行動療法として広く知られています。


図解 やさしくわかる認知行動療法

図解 やさしくわかる認知行動療法



極端な例ですが、月100時間の残業に対して


「きつい…もうダメ死にたい(´Д` )」


というネガティブな価値付けをするより


「仕事大好き!残業代もたくさん稼げるなんてラッキー(゚∀゚)」


というポジティブな価値付けをする方がメンタルヘルスにも良さそうってのは何となく感じますよね。


ホントに極端な例なのですが…。


ボクに置き換えても、アラフォー上司の


「仕事も大してできないB型の男なんてクズ!人間以下!はやく死になさい!」

というパワハラ発言に


「やっぱり俺ってダメ人間なんだ…(´・_・`)」


という自動思考でネガティブにとらえるよりは、


「へっ(゚∀゚)ク◯"がなんか言ってやがる」


と受け流してネガティブに流されないことがストレスを感じない考え方、うつ病にならないコツなんじゃないかと思ってます。


まとめ

多忙な生活を送るなかで、「自分の考えかた・感じ方のクセ」に注意を向けるのはなかなか難しいこともあると思いますが、ある研究ではこの考え方のクセを改善させていく方法は抗うつ薬を服用していくのと同じくらいうつ病の再発を予防する効果があるといわれています。


ストレスを感じやすい、うつ病の発症・再発を予防したいという方は自分の自動思考にほんの少しだけでも注意を向けてみてください。


ストレスを感じにくくする方法や軽減させる方法、考え方・感じ方のクセを改善させる方法は次回以降のブログで書いていきたいと思います。


それにしても残業月100時間って…だれでも病気になってしまいそうな気もしますが…。